ヤマザキマリの夫と息子は?名前や職業と大学、波乱万丈の生い立ちについて

漫画家のヤマザキマリさんが、

今夜放送の「アナザースカイ」に出演。

〈出典:http://www.sankei.com〉

ヤマザキマリさんといえば、

阿部寛さん主演の映画が大ヒットした

「テルマエ・ロマエ」の原作者。

14歳で海外へ一人旅をきっかけに

シングルマザーを経て

14歳年下のイタリア人夫と結婚するなど

その生い立ちと漫画人生は波乱万丈。

現在はイタリアで暮らす

ヤマザキマリさんのこれまでの生い立ち

息子の名前と大学

夫の名前と職業について

調べてみました。

ヤマザキマリの生い立ち

生まれは東京都ですが、

当時母親がヴィオラ奏者で

札幌交響楽団に所属していたことから

幼少期は北海道千歳市で過ごしていました。

父親も音楽家で指揮者でしたが、

ヤマザキマリさんが幼い頃に亡くなっています。

ミッションスクールに通っていた14歳の時、

母親からの薦めでドイツとフランスに一人旅

14歳の少女に一人で海外に行かせるって・・・

一応ドイツにお母様の知り合いがいたようですが、

それでもすごいですよね。

「芸術の為に」という子育ての方針だったそう。

それで素直に行くヤマザキマリさんもまたすごい(笑)。

とはいえまだ14歳、

語学スキルだってほぼなかったでしょうし

何から何まで初めての経験で

それはもう苦難の旅だったとのこと。

そりゃそうでしょう(笑)。

その旅の途中で出会った

老齢のイタリア人陶芸家からは

芸術を勉強するなら

イタリアを訪れるべきだと叱られ、

しまいには家出少女だと誤解されたそう。

母親が娘は家出しているわけではないと

そのイタリア人に手紙を送ったことで

なんとか誤解は解け、旅も無事に終了。

そしてその出会いがきっかけでイタリアに招待され、

17歳から11年間

イタリア国立フィレンツェ・アカデミア美術学院で

美術史と油絵を学びました

その留学中に住んでいた学生アパートの隣人で

イタリア人詩人だった男性と恋に落ち、

10年の同棲生活を経て妊娠が発覚

しかしヤマザキマリさんは出産直前に

シングルマザーになることを決意し、

男性と別れてしまいます。

一体なぜ別れたのかというと、

その男性がいわゆるヒモ男

さらに借金があったから。

当時28歳だったヤマザキマリさんですが、

まだ学生という身分だったこともあり、

自分と我が子のことで精一杯な状況。

生まれてくる子の為に別れを告げ、

これまでの海外生活を

エッセイや漫画に描くことで

生活費を稼いでいました。

そして息子が1歳になった1996年

日本で漫画家デビューし、

その後は故郷である北海道の大学で

イタリア語の講師を務めたり

ラジオやテレビの仕事も増え始め、

徐々に生活が軌道に乗るように。

そして2002年

14歳の一人旅で知り合った

イタリア人陶芸家の孫で14歳年下の男性と結婚

その時のヤマザキマリさんは35歳で

お相手はまだ21歳の学生でした。

このイタリア人陶芸家って何者!?(笑)

自分の孫を紹介するくらいですから

ヤマザキマリさんのことは

相当気に入っていたんでしょうね。

この人物に出会わなければ、

さらに言えば

お母様が一人旅を薦めなければ、

ヤマザキマリさんの人生は

全く違うものになっていたかもしれません。

人生、何がきっかけでどうなるか

分からないものですね。

ちなみに結婚式は

お相手の留学先だった

エジプトのイタリア大使館で行なったそうです。

スポンサーリンク

息子の名前と大学は?

息子さんの名前はデルスで、

現在(2017年4月時点)21歳の大学生

一人ハワイで暮らし、

ハワイ大学マノア校に通っているそうです。

ネット上では一部

京都大学との噂もあるようですが、

それはデルスさんが

京都大学の漫画研究部とデジタル写真部に

所属していることから

そのような噂が広がっているようです。

別の大学でも所属できる部なんですね~

いろんな大学との繋がりが持てて面白そう!

母親の職業と同じ漫画に興味があるとは

やっぱり親子ですね~。

母親の出演情報もしっかりチェック(笑)。

将来は漫画家を目指しているのでしょうか。

画家かもしれませんね~

やっぱり芸術家の血って

受け継がれるものなのかもしれませんね。

夫の名前と職業は?

旦那さんの名前はペッビーノ

職業は文学研究者

発音しにくい~(笑)。

二人の間には子どもはまだいないようですね。

デルスくんは

前述でも触れたとおり、

留学中に出会った男性との間にできた子どもなので

ペッビーノさんとの血縁関係はありません。

でも7歳から一緒にいるので、

もう本当の親子みたいな関係なんじゃないでしょうか。

そしてもう一つ。

2010年にマンガ大賞を受賞した

「テルマエ・ロマエ」は

古代ローマオタクのペッビーノさんが

きっかけで生まれた漫画

なのだそう。

古代ローマオタクとは・・・さすが文学者!(笑)

やっぱり特に好きな時代というのも

あるものなんですね~。

「古代ローマを題材にしたら面白いのでは?」

という旦那さんの言葉が

きっかけだったようです。

作品が生まれる瞬間って

意外に些細な事がきっかけだったりしますよね。

古代ローマがテーマの漫画は

これまで歴史漫画くらいしかなかったですし、

旦那さんの着眼点ナイス!(笑)

身近に精通している人がいたからこそ

描けた作品ですね。

ただ、映画の興行収入が58億円もあったのに

原作者のヤマザキマリさんには

100万円の原作使用料しか渡されなかったそう。

このことに対して旦那さんが

「日本人は薄情すぎる!」と激怒して

離婚危機にまでなったとか

なってないとかという噂も。

確かにこれだけの大ヒット作品なのに

この金額はあんまりですよね。

こういう世界って

こんなものなんでしょうか。

まとめ

傍からしたら波乱万丈とも思える

ヤマザキマリさんの人生。

ですが色々な出会いや経験が

自身の糧となって

未来の自分に大きく影響するのだと

改めて気付かされたエピソードでした。

そしてヤマザキマリさんの決断力や行動力、

自分に正直に生きている姿が

とてもかっこいいです。

これからの活躍も応援しています!

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク