松山英樹の年収は?天才ゴルファーの両親や兄弟姉妹も気になる!

プロゴルファーの松山英樹選手が

男子ゴルフの世界ランキングで

日本人史上最高位を更新し、

3位に浮上する快挙を達成したとして

話題になっていますね!

〈出典:http://www.golfnetwork.co.jp/〉

松山英樹選手は

アジアアマチュア選手権や

マスターズなどで優勝経験もあり、

倉本昌弘選手や石川遼選手に続いて

アマチュアでプロツアーを制覇した

3人目の若き選手として注目されています。

これだけの活躍ぶりだと

年収も相当高そうですよね。

そんな松山英樹選手とは

一体どんな人物なのか、

プロフィール経歴

年収はいくらほどあるのか、

両親兄弟姉妹などの家族

について調べてみました!

スポンサーリンク

松山英樹のプロフィールと経歴

本名 松山英樹(まつやまひでき)

生年月日 1992年2月25日

出身地 愛媛県松山市

血液型 B型

身長 181cm

体重 90kg

出身中学 明徳義塾中学校

出身高校 明徳義塾高等学校

出身大学 東北福祉大学

趣味 野球、ボウリング

所属 レクサス(トヨタ自動車)

現在(2017年5月時点)25歳と

まだまだ若い選手ですが、

日本人最年少(当時19歳)で

マスターズの予選を通過し、

アマチュア時代には

日本人で初めて

マスターズ出場権を獲得しています。

学生時代からその才能は開花し、

2008年には

全国高等学校ゴルフ選手権大会で優勝し、

日本ゴルフ協会のナショナルチームに抜擢。

大学進学後も快挙は続き、

2010年には

アジアアマチュア選手権で日本人初の優勝。

2011年のマスターズ出場権を得て予選を通過し、

日本人初のローアマチュアを獲得。

さらに同年11月に行なわれた

三井住友VISA太平洋マスターズでは

倉本昌弘選手や石川遼選手に次いで

アマチュアで3人目の

日本人ツアー優勝を果たしました。

2013年4月にプロへ転向して以降も

数々の大会で優勝という実績を残し、

そしてついに

2017年5月14日付で発表された

男子ゴルフ世界ランキングにて

日本人史上初の3位に浮上。

今後の活躍がますます期待されている

若きゴルファーとして

注目されています。

松山英樹ってどんな選手?ゴルフを始めたきっかけは?

経歴を見ただけでも

十分すごい選手なのだと分かりますが、

他にも

ドライバーの飛距離が出る

ことでも知られていて、

2013年に行なわれたアメリカツアーでの

平均飛距離は371ヤードを記録しています。

これほどの飛距離を出せるのは、

「ツイスト打法」というスイング方法を

会得している為で、

スイングの力を縦にかけることで

ヘッドスピードが加速するのだそう。

そんな松山英樹さんが

ゴルフを始めたのはわずか4歳の頃。

やはり天才というのは

幼少期からその道に

足を踏み入れていることが多いですね。

史上最年少でプロ入りしたサッカー選手の

久保建英さんも

久保建英に彼女は?中学や高校はどこ?史上最年少サッカー選手の経歴がすごい!
日本のサッカー界では 将来の活躍が期待される若き選手、 久保建英(くぼたけふさ)選手が 注目されています! ...

2歳の時のボール蹴り遊びが

きっかけですし、

天才棋士として連勝を記録中の

藤井聡太さんも

藤井聡太の中学と偏差値は?将棋の天才を育てた父と母はどんな人?兄弟についても調査!
現役中学生でありながら プロ棋士でもある藤井聡太四段が、 3冠を持つ羽生善治王位に勝ったと ニュースになっていますね! ...

5歳の頃にお祖母さんから

将棋を教えてもらっています。

そして

ゴルフを始めたきっかけは、

同じくゴルファーだった父親。

父親が試合に出る際には一緒に出かけ、

パターとアプローチの練習をしながら

試合が終わるのを待っていたそう。

そして中学3年になると

父親のキャディーを務めながら

親子でアマチュア選手権に出場したことも

あったのだとか。

なぜキャディーをやっていたのかというと、

そこには父親の

「ゴルファーとしてのメンタルを学ばせたい」

という考えがあったそう。

一流選手が活躍する場の空気や

試合の緊張感、他の選手の技術を

直接肌で感じて

自分の目で見てほしかったのだとか。

この経験があったからこそ、

「ギャラリーが多い試合が好き」

と言えるほどの物動じない度胸と

今の活躍があるのかもしれませんね!

スポンサーリンク

両親や兄弟姉妹などの家族について

前述の通り、松山英樹さんの父親は

松山幹男さんという人物で

日本ゴルフ協会に登録されている

ゴルファーで現在(2017年5月時点)63歳。

健康維持の為に29歳でゴルフを始め、

2006年には52歳で

四国アマチュアゴルフ選手権競技で6位、

日本アマチュアゴルフ選手権競技にも

出場経験があります。

現在は

「HIDEKI GOLF GARDEN」という

ゴルフ練習場を運営しているようです。

新規OPENのご挨拶

息子のアスリート人生をサポートしつつ

自身のビジネスも確立するという

素晴らしいアイディアですね!

母親についての詳しい情報は

見つからなかったのですが、

今もご健在で

我が子のツアーには

家族で応援に出かけているそうです。

そして兄弟姉妹についてですが、

松山美瑚(まつやまみこ)さんという

1つ上の姉がいるとのこと。

松山美瑚さんもゴルフ経験があり、

スコアは100を簡単に切るほどの腕前

なんだとか。

現在は地元愛媛県にある

エリエールゴルフクラブ松山

でハウスキャディーの仕事を

しているそうで、

2013年に行なわれた

大王製紙エリエールレディースオープンで

横峯さくら選手のキャディーを

務めたこともあるそうです。

ゴルフ一家の家族だったんですね~!

年収はいくら?

これだけ活躍している松山英樹選手。

相当稼いでいるんじゃないかと

マネー事情が気になりますよね(笑)。

2013年には

史上初ルーキーイヤー賞金王に輝き

年間獲得賞金は2億円を突破しています。

そして2016年にはなんと

9億円を超える賞金を獲得しています。

ただし収入はこれだけではなく、

現在8社とのスポンサー契約もあります。

各契約ごとに期間や金額が異なっていて

非公開の企業もあるので

正確な金額は分かりませんが、

試合での獲得賞金や

スポンサー契約の金額を合計すると

年収は10億円を超えている

などと言われているようです。

ケタが大きすぎて・・・

一般庶民には想像がつきませんね(笑)。

まとめ

25歳にして億単位の年収・・・

本人の努力の成果とはいえ

若くしてそんな大金を手にしても

逆に使い道に困るのでは?(笑)

怪しい誘惑や勧誘には

騙されないように気を付けてくださいね!

今後の活躍も応援しています!

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク