中村獅童の入院先病院はどこ?肺腺がんのステージや復帰の目途について

歌舞伎役者の中村獅童さんが

肺腺がんを患っていることが

明らかになりました。

中村獅童さんは

大河ドラマなどの時代劇から

話題作ドラマまで数多くの作品に出演し

俳優としても活躍されていますが、

早期発見とはいえ「がん」ですから

やはり心配ですよね。

肺腺がんとはどんな病気なのか、

ステージ(病状の進行度合い)復帰の目途

入院先の病院はどこなのか

について調べてみました。

スポンサーリンク

肺腺がんとはどんな病気?

肺腺がんとは肺がんの一種で、

肺がんの中でも約60%を占める

発生率の高いがんなのだそう。

ヒトの体には腺細胞という

内臓で粘液などを分泌する細胞があり、

肺にある腺細胞は痰を分泌して

酸素を通し二酸化炭素を出す

フィルターの役割をしています。

「肺がん」と聞くと

喫煙が原因であるイメージが大きいですが、

この肺腺がんの場合は

喫煙・非喫煙関係なく発症するとのことで

因果関係は薄いと言われています。

初期では痛みを感じたりといった

自覚症状はほとんどなく

定期的ながん検診や健康診断などで

X線検査を通じて発見されることが

ほとんどなのだとか。

中村獅童さんも人間ドックで発見された

とのことなので、

早期発見に繋がって本当に良かったですね。

ちなみに

2011年に甲状腺がんを患っていたことを公表した

元子役の斎藤こず恵さんも

斎藤こず恵に結婚した旦那や子供は?元天才子役の壮絶な隠し子の生い立ちと現在について
1970年代の超売れっ子子役だった 斎藤こず恵さん。 斎藤こず恵さんといえば 朝ドラ「鳩子の海」。 同期の坂上忍さん...

定期健診でのポリープ発見がきっかけで

病気が発覚したそうです。

肺腺がんは病状が進行すると

肺がんに共通してみられる

空咳、痰、喘鳴、胸の痛みといった

自覚症状があらわれ、

腕や胸、肩などに痛みや痺れを感じたり

身体全体に倦怠感や激痛が走ったり

顔や上肢にむくみが生じることもあるそう。

ここまでくるとかなり進行している場合が

ほとんどなので、

やはり自覚症状が出る前の定期的な検診が重要です。

女優の加賀美早紀さんも

加賀美早紀(香乃さき)が子宮頸がんでステージ3の生存率や余命は?
加賀美早紀(香乃さき)さんが 子宮頸がんを患い、 ステージ3であることが 明らかになりました。 子宮頸がんとはどんな...

現在子宮頸がんで治療されています。

医学は日々進歩しているとはいえ

「がん」は死因1位の病でもありますから

やっぱり怖いですよね。

中村獅童の肺腺がんのステージや復帰の目途について

肺腺がんのステージにはⅠ~Ⅳ段階あり、

ステージの段階と「がん」の発症個所によって

手術可能かどうかが判断されるようです。

基本的には

ステージⅠ~Ⅱであれば手術可能なのですが、

肺には気管や血管など

重要な管が複雑に絡み合っている為、

肺門部という肺の中心にある

太い幹のような部分に発症してしまうと

手術ができないようです。

加えて

リンパや骨などへの転移がないかどうかも

手術可能かどうかの判断材料になります。

肺腺がんの場合は

放射線によって間質性肺炎を発症してしまう為

放射線治療はできません。

ステージⅢ以降になると

まずは抗がん剤治療や免疫療法で

患部を小さくしてから手術する

という流れが一般的なようです。

中村獅童さんの場合は

  • 早期発見で初期段階
  • 入院して手術する
  • とのことなので、

    ステージはⅡ以下で肺野型のがん

    である可能性が高そうですね。

    復帰の目途については

    具体的な公表がないので分かりませんが、

    7月の公演までは休演することが決定されているので

    少なくとも秋ごろまでは舞台出演はなさそうですね。

    スポンサーリンク

    入院先の病院はどこ?

    どこの病院で手術するのかは

    混乱を避ける為にも公表はされていませんが、

    ネット上では

    肺がんの治療で有名な

    国立がん研究センター中央病院

    2012年に急性呼吸窮迫症候群で亡くなった

    同じ歌舞伎役者の中村勘三郎さんが入院していた

    日本医科大学付属病院

    歌舞伎座から近い聖路加病院

    などが噂されているようです。

    一流の歌舞伎役者ですし、

    治療技術はちろん

    セキュリティ対策も万全の大きな病院

    であることは間違いないでしょう。

    まとめ

    2015年に再婚して奥さんもいますし、

    ご家族も心配でしょうね。

    でも早期の発見で本当に良かったです。

    無事出術を終えて

    また元気な姿で復帰されることを願っています。

    最後まで読んでいただき

    ありがとうございました。

    スポンサーリンク