斎藤こず恵に結婚した旦那や子供は?元天才子役の壮絶な隠し子の生い立ちと現在について

1970年代の超売れっ子子役だった

斎藤こず恵さん。

斎藤こず恵さんといえば

朝ドラ「鳩子の海」。

同期の坂上忍さんや杉田かおるさんと共に

天才子役として活躍していました。

〈出典:https://twitter.com〉

そんな斎藤こず恵さんは成長と共に

役作りや環境の変化によるストレスの影響で

体重の増減が激しく、番組の企画で

チアシードダイエットを決行するもリバウンド。

甲状腺がんを発症するなど

身体への負担が心配されていました。

そして自身が隠し子であったことを

番組で告白したことでも話題に。

そんな斎藤こず恵さんの

壮絶な子役時代の生い立ち

結婚した旦那や子供はいるのかなど

現在の暮らしぶりについて調べてみました。

スポンサーリンク

斎藤こず恵はどんな子役だった?プロフィールや経歴について

名前 斎藤こず恵(さいとうこずえ)

生年月日 1967年9月30日

出身地 東京都

血液型 AB型

職業 女優、声優、ブルース歌手

現在(2017年5月時点)49歳ということで

子役として活躍していた当時から

もう40年以上経っているんですねぇ。

斎藤こず恵さんが

一躍有名になった作品といえば、

1974年に放送されていた朝ドラ「鳩子の海」

主人公・鳩子の少女時代役で出演し、

最高視聴率53.3%という驚異の数字を

記録しました。

今の時代じゃ考えられない数字ですよね。

だって日本全国の半数以上が観ているって

相当スゴイですよ・・・。

そこから天才子役として注目されるようになった

斎藤こず恵さんですが、

3歳で劇団若草に入団して演技指導を受け、

1973年に公開された明治座の「大奥」の若様役で

舞台デビューし、

1976年には

子供向けソング「山口さんちのツトム君」

で歌手デビュー。

トントン拍子に役者の階段を駆け上がっていました。

ちなみに

同期には坂上忍さんや女優の杉田かおるさんがいます。

山本耕史さんも過去には

この劇団に所属していたようですね。

現在は母親が経営する事務所に所属しています。

斎藤こず恵さんが劇団に入ったのは

「父親のいない生活で寂しい思いをさせないように」

という母親の意向があったからだそう。

父親の件については

後ほど触れますのでここでは割愛します。

中学生になると芸能活動を一旦休止したのですが、

理由については

  • 役作りでの体重の増減による身体への負担増
  • 多忙によるストレスで十二指腸潰瘍になった為

とのこと。

一気に売れっ子になりましたからねぇ~

学業もあったりで大変だったと思います。

高校卒業後は

テンプル大学日本学校に進学して

アメリカ留学を経験したのち、

ニューヨーク州立大学に転校。

海外生活をしている中で出会った

ブロードウェイを志す友人に

自身の子役時代の話をすると、

「なぜ自分の力を活かさないのか。

うらやましくてしょうがないのに。」

と言われたそう。

そうして徐々にまた芝居や音楽の世界で生きたい

という気持ちが膨らみ、猛勉強の末に

女優やブルース歌手として活動。

日本とニューヨークを行き来する

多忙な日々を送っていましたが、

日本にいる父親(母親の再婚相手)が認知症になり

介護が必要となった為帰国。

2005年には劇団若草時代の同僚と

演劇劇団「Stinky Project」を立ち上げ、

舞台を中心に活躍。

最近では

「痛快TVスカッとジャパン」に

「食いしん坊母ちゃん」として登場するなど

メディア出演もしています。

自身が隠し子だと分かった経緯や真相について

そんな斎藤こず恵さんが

2014年5月に放送された

「解決!ナイナイアンサー」に出演した際、

自身が隠し子だったという衝撃的事実を告白して

話題になりました。

当時売れっ子子役だった斎藤こず恵さんには

連日自宅や学校などに記者が押しかけてきたようで、

ある日、斎藤こず恵さんの出生の秘密を握っていた

雑誌記者から

「お父さんとお母さんが結婚していないこと知ってる?」

「君って隠し子なんだろう?」

などと言われたのだそう。

小さな子供相手になんてヒドイ記者なんだ・・・

当時斎藤こず恵さんは母親から

「お父さんは出張に行っている」

などと聞かされていたそうですから、

相当混乱したのではないでしょうか。

しかし実際は違っていて、

不倫関係の末に生まれた子

という自身の衝撃的出生が発覚。

もしかしたらまだ隠し子の意味も

分かっていなかったかもしれませんが、

周りの友達にはお父さんがいるのに

自分にはいないという状況を

子どもながらに

何か感じ取っていたかもしれませんね。

斎藤こず恵さんの父親は当時、

妻と3人の息子がいる家庭持ちの男性で

複数の会社を経営する社長であり

十数億の資産を持っていたのだとか。

二人は仕事の取引関係で知り合い恋仲に発展し

妊娠が発覚したのですが、

相手の家庭に迷惑はかけられないと

母親は相手の男性から

養育費などの生活費は受け取らずに

未婚で出産したのだそう。

そんな経緯での出産なので

当然母親の実家は大激怒。

両親とはほぼ絶縁状態となってしまい、

母一人子一人、

ひっそりと暮らしていたようです。

この事実が週刊誌にスクープされたことで、

周囲からは心無い言葉を浴びたり

イジメを受けるなど学校生活も悲惨だったそう。

中学生で芸能活動を休止したり

留学して海外に生活の拠点を移していたのも

これらの出来事も関係しているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

甲状腺がん発症の当時の状況とは?

大学卒業後は

女優やブルーノ歌手として活躍する中で、

日々声を使う職業であったことから

定期的に病院での声帯検診を受けていたのですが、

2004年にニューヨークの病院で受けた検査で

小さいポリープが見つかりました。

帰国して東京の大きな病院で再検査をしたところ、

甲状腺がんであることが発覚。

甲状腺がんとは・・・

甲状腺がんは甲状腺にできるがんのことで、
甲状腺とは喉仏の下にある蝶のような形をした臓器です。
甲状腺は、体の代謝を正常に保つ働きがある甲状腺ホルモンを分泌しています。

引用元:http://www.paci-gan.com/bui-ganti/koujo-gan/1641/

甲状腺がんの一般的な原因については

  • ヨードの過剰摂取または摂取量不足
  • 放射線被ばく
  • 遺伝
  • 肥満
  • などと言われています。

    斎藤こず恵さん自身も

    海藻やきのこのダイエットによる

    1年半で57kgの減量をするなど

    栄養の偏った食生活や無理なダイエット、

    そして異母兄弟の兄が

    甲状腺がんに患っていたことなど

    原因と考えられる思い当たるふしがあったそう。

    とはいえ、

    歌手として活動していた斎藤こず恵さんにとっては

    相当ショックな宣告だったと思います。

    「のどにメスを入れる手術を受けて

    もし声を思うように出せなくなったら・・・」

    と声帯への影響を懸念し、

    セカンドオピニオン的な要素も含め

    メスを入れない治療法を求めて

    4つの病院を巡ったそう。

    そして

    レーザーで患部のみを切除する方法

    抗がん剤とホルモン薬による治療を選択。

    2004年末に2時間のレーザー治療を受け、

    1週間の入院を経て退院。

    手術自体は成功したものの、

    抗がん剤の影響で体が思うように動かず、

    吐き気や身体のむくみ、低体温症などの副作用で

    普通の日常生活を送ることが困難な状況だったそう。

    本来なら誰かのサポートが必要な状況ですが、

    母親は認知症の父親の介護、

    妹も妊娠中だったことから

    家族には病気のことは言わず

    一人で頑張っていたのだそう。

    手術後は再発防止の為に

    定期的な検査とホルモン療法を続け、

    もう再発の可能性はほぼないだろうということで

    2011年11月に投薬治療を完了。

    世間にも公表する流れとなったようです。

    壮絶すぎて言葉が出ない・・・。

    結婚した旦那や子供は?現在の暮らしぶりについて

    ニューヨークにいた1996年に

    数店舗の店を経営するアメリカ人の実業家

    結婚するも、2002年に離婚

    歌手として日本とニューヨークを行き来する生活に加え、

    父親の介護などですれ違いの日々が続いてしまったことが

    離婚の原因とのこと。

    旦那さんも自分の店を持っていて

    忙しかったでしょうから、

    できれば近くにいてサポートをしてほしかった

    のかもしれませんね。

    現在は特に再婚はしていないようです。

    子供がいるといった情報もなかったので、

    おそらく子供もいないのではないでしょうか。

    キャリア形成に加えて

    身内の介護や自身の病気もありましたし、

    きっとそれどころではなかったでしょう。

    まとめ

    天才子役として活躍していた斎藤こず恵さんが

    これほど壮絶な人生を送っていたとは

    正直驚きました。

    それも誰からのサポートもなしで

    たった一人で・・・

    世の中にはこんなに大変な経験をしても

    頑張っている人がいるんだと

    改めて自分の不甲斐なさを痛感しました。

    私も頑張らなきゃ!

    斎藤こず恵さんには幸せでいてほしいです。

    そして今後の活躍も応援しています!

    最後まで読んでいただき

    ありがとうございました。

    スポンサーリンク