高須克弥の息子も嫁も全員医者!?家族構成やクリニックの資産(年収)が気になる!

高須克弥さんが6月5日放送の

「○○の妻たち世にも奇妙な夫婦3連発SP」

に妻の西原理恵子さんと出演しますね!

高須克弥さんといえば周知の通り

高須クリニックの院長。

メディアを使って美容整形を世間に認知させた

第一人者として知られています。

今は亡き前妻との子供である3人息子は全員医者で

嫁も医者という高須家はまさに華麗なる一族。

さらに長男夫婦には5人の子供がいる

というから更に驚き!

というわけで今回は

高須家の家族構成クリニックの資産(年収)

について調べてみました!

スポンサーリンク

高須克弥の婚姻歴 前妻と現妻について

高須院長はシヅさんという

昭和大学時代の同級生だった前妻がいました。

シヅさんも美容外科医で、夫の高須院長と共に

高須クリニックの経営に尽力してきたのですが、

2010年3月29日に転移性肺がんで亡くなりました。

享年65歳とまだ若かったのですが・・・残念です。

現在の妻である西原理恵子さんとは

シヅさんの生前にすでに出会っていて、

西原理恵子さんが自身の漫画に

皮肉混じりの褒め言葉と共に「友達になってもいい」

などと描いたところ、なんと高須院長が直々に

手紙を送ったのだとか。

そして西原理恵子さんが

高須院長を漫画のネタに使わせてほしいと頼み

了承を得たことで連絡を取り合う関係に。

高須夫婦そろって

西原理恵子さんのファンになったのだそう。

確かに西原理恵子さんの描く漫画って面白いですよね!

失礼ながら画がうまいとかではないんですが、

共感できる部分とか、思わずクスッと笑ってしまう内容が

個人的には好きです。

毎日新聞を購読してるんですが、

「毎日かあさん」が連載されているので

それを読むのが毎朝の日課になってます♪

おっと話が脱線(笑)。

二人が出会った当時

西原理恵子さんはバツイチだったんですが、

高須院長の仲介によって元夫と

入籍はせず事実婚という形で復縁しました。

高須家と西原家で夫婦での親交を続けていたんですが、

2007年に西原理恵子さんの夫が腎臓がんで亡くなり、

2010年に高須院長の妻が転移性肺がんで帰らぬ人に。

同時期に母親と愛犬も亡くなったことで

鬱状態になってしまった高須院長を

西原理恵子さんが支えたことで二人の距離が縮まり、

交際に発展しました。

このままゴールインかと思いきや、

籍を入れず週3日の別居婚で家計も別々

という事実婚を選択。

お互いを「人生の伴侶」と想い合っていて

とっても素敵な夫婦です♪

3人の息子と嫁、高須家の家族構成について

高須院長には前妻との間に3人の息子がいます。

そして全員医者という華麗なる一族。

長男は力弥さんという名前で

高須クリニック東京院と横浜院の副院長

愛知大学医科大学医学部を卒業後、

高須クリニックの美容外科医として働いているとのこと。

やはりさすがですね~。

そして力弥さんには

敬子さんというお嫁さんがいるのですが

敬子さんも美容外科医

現在は高須クリニック大阪院で院長を務めているようです。

二人そろって医者の夫婦には

双子と三つ子の子どもがいるのだとか!

意外にも大家族!

その辺の情報については

今夜放送される番組で何かしら分かると思うので

また追記しておきますね!

続いて次男は久弥さんという名前で

松本歯科大学を卒業後愛知県内の歯科医院に勤務し。

その後は高須クリニック名古屋院を経て

現在は大阪院で歯科医として働いているとのこと。

久弥さんもすでに結婚しているのですが、

お嫁さんについての情報が

なぜか次男だけ見つかりませんでした。

ということは

久弥さんのお嫁さんだけは医者じゃない

ということなのでしょうか?

また分かり次第追記したいと思います!

そして最後に三男の幹弥さん。

幹弥さんは藤田保健衛生大学医学部を卒業後、

同大学病院の麻酔救急科に就職して

麻酔科標榜医の資格を取得。

さらに同大学大学院に入学して

同大学病院の整形外科に入局。

高須クリニックに勤務しながら

整形外科医としての実績も積み、現在は

高須クリニック名古屋院の院長を務めているとのこと。

幹弥さんは

単一植毛技術の研究で博士を取得していて、

父親である高須院長のフェイスリフトや

植毛などの施術を担当していたようです。

そしてSKE48の松村香織さんの

頭部の薄毛の治療も担当したのだとか。

麻酔科でもあり整形外科医でもあるとは・・・

もうスゴイとしか言えない(笑)。

そんな幹弥さんのお嫁さんもなんと医者!

英津子さんという皮膚科医

夫の幹弥さんと共に

高須クリニック名古屋院で勤務している
ようです。

もうここまでくると

一般庶民には溜息しか出ないですが、

高須家は江戸時代から続く医者家系

高須院長で4代目なのだとか。

これから高須家に生まれてくる子孫の将来は

もう決まっているも同然なわけですねぇ。

となると長男夫婦の子供たちも

全員医者になるのだろうか・・・。

スポンサーリンク

高須クリニックの資産や年収は?

さて、高須院長をはじめ

息子全員も医者として高須クリニックで

勤務しているということで、

クリニック(高須院長)の資産は一体いくらなのか

というのが気になるところ。

まぁ当然一般庶民からすると

ケタ違いの額であることは予想できますが。

まずは高須院長の年収について調べてみると、

50億との情報がありました。

ひぇぇぇぇ(笑)。

高須院長はバブル崩壊時に

100億円の借金を背負っていましたが

10年で完済しています。

ということは少なくとも年収10億以上はある

ということですね。

50億というのはさすがに盛り過ぎかもしれませんが、

億単位であることはほぼ間違いなさそうですね。

仮にバブル崩壊の1992年から

10年で借金を完済したとすると2002年。

それからもずっと10億を貯金していたとすれば

現時点(2017年6月時点)で150億円の貯金(=資産)がある

ということになります。

もはや言葉が出ない・・・

もちろん資産というのは現金だけではなく

不動産や投資などいろんな形があるので

あくまで仮定の憶測です。

高須院長といえば

慈善活動に力を入れていることでも有名で、

自身の財産を社会貢献活動に投じています。

阪神・淡路大震災や東日本大震災の時には

それぞれ7000万円と1000万円を寄付したり、

被災による外傷痕の美容整形治療を1年間無料にしたり

仮設風呂を設置したりしていました。

国外においても

ウン千万単位で寄付をしていることから、

年々資産は減っているかもしれませんが

億単位なんて早々使い切れるものでもないですし

息子たちの金銭面の心配も必要ないでしょうから

ただ貯めておくよりよっぽど良い使い方

かもしれませんね。

まとめ

高須院長もご家族の方も

みんなそれぞれ活躍していてすごいです!

今後の活躍も応援しています!

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク