白鵬翔の長男が通う小学校はどこ?モンゴル出身力士の子供は4人で名前や性別も気になる!

白鵬翔さんの長男が可愛いと

話題になっていますね!

白鵬翔さんといえば第69代横綱、

相撲界で数々の偉業を成し遂げた

モンゴル出身の力士です。

〈出典:https://www.daily.co.jp〉

2014年5月場所で優勝した際、

本来なら出席しなければならない

翌日の会見に姿を現さず

周囲から色々言われていたことも。

しかしそれは

とある理由があった為のことだったようです。

そして妻・紗代子さんとの間には

4人の子供がいて、

可愛いと話題の長男は現在小学生。

有名私立の学校名が噂されていたりと

どこの小学校に通っているのか

気になる人も多いようですね。

というわけで今回は

白鵬翔さんのプロフィール経歴

結婚した妻・紗代子さんとの馴れ初め

優勝会見に出席しなかった理由

4人の子供の名前と性別

長男が通う小学校はどこなのか

について調べてみました!

スポンサーリンク

白鵬翔ってどんな力士?プロフィールや経歴について

名前 白鵬翔(はくほうしょう)

本名 ムンフバティーン・ダワージャルガル

生年月日 1985年3月11日

出身地 モンゴル国ウランバートル市

血液型 A型

身長 192cm

体重 155kg(2016年1月時点)

職業 力士

所属部屋 宮城野部屋

現在(2017年6月時点)32歳の白鵬さんは

第69代横綱の現役力士。

「平成の大横綱」「絶対王者」などと

呼ばれている白鵬さんが相撲界に入ったのは

モンゴルでの中等教育の卒業後。

父親がモンゴル相撲で5年連続6度の優勝をした

元アヴァルガ(日本でいう横綱に相当)で、

さらにメキシコ五輪のレスリング重量級で

銀メダルを獲得したモンゴル初のメダリスト

その父親の背中を見ていた為か、

幼少期からずっと

相撲をやりたいと思っていたそう。

しかしこれに母親が猛反対。

普通に勉強して学者になってほしい

という願いがあったのだそう。

というのも、母親は元外科医

チンギス・ハーンの流れを汲む家柄出身

そんな才女とメダリストが両親とは・・・

白鵬さんってエリートだったんですねぇ。

白鵬さんが力士を目指すと聞いて

母親が相当ショックを受けたようで、

家族間で色々話し合いがされた結果、

厳しい練習が辛くてどうせ戻ってくるだろう

と考えた母親は息子の入門を許したそう。

しかし白鵬さんは

2000年に初来日してから2年半、

一度も故郷に帰らず稽古に打ち込んだとのこと。

それだけ相撲に対する思いが強かった

ということですね。

異国の地であの厳しい稽古に耐えるのは

メンタル的にも相当辛かったはず。

家族が恋しくなる時もあっただろうに

ほんとスゴイなぁと素直に思います。

6人のモンゴル人と来日後は大阪で相撲を習い、

他のメンバーの入門先が次々と決まっていく中

小柄だった白鵬さんを受け入れてくれる部屋が

最後まで見つからなかったのだそう。

当時日本語が離せなかった白鵬さんは

「I don’t go to back…(帰国したくない)」

と泣いていたのだとか。

うぅ・・・かわいそすぎる。

部屋が決まらず帰国前日を迎えた白鵬さんを

気の毒に思った旭鷲山さんが

自身の師匠に相談して、

その師匠が友人の宮城野さんに

白鵬さんの受け入れをお願いしたのだそう。

旭鷲山さんは当時大相撲で活躍していた力士で、

白鵬さんが来日したのも彼のツテでした。

未来の相撲界を盛り上げてくれる力士の芽が

自分の目の前で摘まれてしまうのは

やっぱり心苦しかったんでしょうね。

そうして入門先が無事決まり、

宮城野部屋入りした白鵬さんは

2001年3月場所で初土俵、

2003年11月場所では

東幕下9枚目で6勝1敗の好成績を上げ、

2004年1月場所で新十両に昇進。

同年5月場所で19歳1ヶ月で新入幕となり、

史上4位の若さという快挙。

そして大関取り・大関・綱取りと順々に昇進し、

ついに第69代横綱の座に。

入門を断られるほど小柄だった少年が

将来横綱になるとは、

当時誰も予想しなかったでしょう。

何事も諦めたらそこで終わり、

白鵬さんのこれまでの人生は

努力し続けることの大切さを

証明してくれているような気がします。

というか、モンゴル出身の力士って

強い人が多いですよね。

アフリカ出身の人が陸上競技に強いように、

モンゴルにも何か相撲が強くなる環境が

あるのかなぁなんて思っていたら、

白鵬さん曰はく、

モンゴルの草原を馬で駆け巡っていた日々が

しなやかな足腰の原型を作ったとのこと。

移動式住居のゲルで過ごしながら

井戸で水を汲んだり馬や羊の世話をしたり

小動物の狩りなどもしていたそう。

なんかもう教科書で習うような内容ですね(笑)。

プレーリードッグも食していたのだとか!

あんな可愛い動物を・・・(涙)。

まぁ生きていく為には仕方ナシってやつですね。

現地では貴重なタンパク源だったらしいです。

鶏の手羽先に似た味だそうですが・・・

「コレ、プレーリードッグの肉だよ♪」

なんて言われて出されたらちょっと無理かも(汗)。

妻・紗代子との結婚の馴れ初めは?

白鵬さんの妻は和田紗代子さん。

〈出典:http://pinky-media.jp〉

徳島県出身

年齢は白鵬さんの1つ上だそう。

二人の出会いは朝青龍のパーティー

紗代子さんの父親が

朝青龍の後援会の会長を務めていて、

その関係から紗代子さんも

パーティーに出席していたと思われます。

そして隣に座ったことで

お互いを知るきっかけになったのだとか。

これだけ綺麗な女性ですし、

白鵬さんの一目惚れだったかもしれませんね。

そのまま交際に発展し、

約3年間の交際期間を経て2007年2月に結婚

結婚当時の紗代子さんは

学習院大に在籍中の大学生だったんですが、

妊娠が発覚したことがきっかけ

ゴールインとなったようです。

順序が逆にはなってしまいましたが、

結果幸せならそれでヨシ!ですね♪

スポンサーリンク

白鵬が優勝会見に出席しなかった理由とは?

白鳳さんは2014年5月場所で

「8場所連続幕内中日勝ち越し」という

史上単独1位の記録を達成しました。

この快挙を受けて、

本来なら翌日の優勝会見に

出席しなければならなかったんですが、

白鵬さんは姿を現しませんでした。

厳密には絶対出席といったルールはないんですが、

これまでの会見にはどれだけ疲れていても

出席していただけに、

何故今回は?という疑問視する声や

様々な憶測が飛び交っていました。

そんな中、白鳳さん本人から

会見に出席しなかった理由について

2014年6月5日付のブログで明かされました。

白鵬オフィシャルブログ 「みなさんへ」

5月場所が開催されていた時、

妊娠5ヶ月を迎えていた紗代子さんが

流産してしまっていたとのこと。

優勝会見を開けばすでに報道されていた

お腹の子の状況についても触れられる

と思った白鵬さんは、

一番辛い思いをしている

紗代子さんの気持ちを最優先に考えて

会見の出席を見送ったのだそう。

まだ傷が癒えていない、いや

もしかしたら一生癒えることのないもの

なのかもしれませんが、

事実を公にするにはまだもう少し

時間が必要だと判断したんでしょうね。

白鵬さんは力士としても人間としても

本当に強い人だなと改めて感じました。

私は、力士であり、横綱ですが、
紗代子という一人の女性を愛している夫でもあります
妻が私のことを応援してくれているから私は相撲を取れています

引用元:https://ameblo.jp/hakuho-69/entry-11871576460.html

この言葉を目にした瞬間、

思わず目に涙が溜まってしまいました。

ステキすぎます。

4人の子供の名前と性別は?

第一子は2007年5月生まれで

長女の愛美羽(あみう)ちゃん。

第二子は2008年9月生まれで

長男の眞羽人(まはと)くん。

第三子は2011年1月生まれで

次女の美羽紗(みうしゃ)ちゃん。

第四子は2016年12月15日生まれの三女。

第四子のみ名前が分からなかったんですが、

3人とも「羽」という字が付いているので

三女も同様の可能性が高そうですね。

名前の読み方が独特なので

いわゆる最近流行りのキラキラネーム

っぽく感じる人も多いようで、

そういうのをあまり快く思っていない

ような声も散見されました。

個人的には、明らかにその子の将来に

悪影響を及ぼすような名前でない限り、

両親や周囲の人たちの思いや願いが

込められているわけですから

周囲がとやかく言う権利は

ないんじゃないかなと思います。

白鵬さんはモンゴル出身でもあるので、

海外でも読まれやすい名前を

と考えられたのかもしれませんね。

長男が通う小学校はどこ?

続いては子供の学校事情について。

テレビ出演していることもあって

現在(2017年6月時点)8歳となる長男は

どこの小学校に通っているのかと

気になる人も多いようです。

早速調べてみると、白鳳さんのブログに

長女と同じ小学校に入学したと

綴られていました。

制服を見る限り、私立っぽいな~と思いながら

さらに調べてみると、ネット上では

慶応義塾幼稚舎との情報がありました。

お受験で人気の代表校ですね。

これは母親の紗代子さんが教育熱心なことが

影響しているのだそう。

子どもがモンゴルと日本の

2つの国籍を持っていることから、

「将来は国際色豊かな分野で活躍してほしい」

という願いを込めて、小さい頃から付きっきりで

勉強を教えていたのだとか。

さすが高学歴なだけありますね!

そんな親子に受験スイッチを入れさせたのが

なんと白鵬さん!

モンゴル出身で日本の受験事情に疎かったものの、

「お前が出た大学よりいいところに行かせてやれよ」

と紗代子さんに冗談半分で言ったのだそう。

すると学習院大卒の紗代子さんのやる気が急上昇し、

見事合格に至った、というわけです。

元外科医のお義母さんも

きっと喜んでいるでしょうね。

一方では2017年1月29日に行なわれた

「第7回白鵬杯」の小学2年の部に

出場していたようです。

残念ながら初戦敗退となってしまったようで、

試合後は母親の元で悔し涙を流していたそう。

その悔し涙が出るということは

まだまだ強くなれる素質がある証拠!

白鵬さんも自身の会見を早めに切り上げて

息子の応援にかけつけていたようです。

将来は力士の道に進むとか、

それとも勉学に力を入れるのか・・・

今後の成長が楽しみですね!

まとめ

4人の子どもたちの将来が楽しみですね!

白鵬さんの活躍も応援しています!

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク