友寄隆英と森崎友紀の馴れ初めや子供は?ナスDの嫁は美人料理研究家だった!

友寄隆英さんのお嫁さんが

森崎友紀さんだということが分かり

話題になっていますね!

友寄隆英さんといえば『ナスD』。

〈出典:https://twitter.com/〉

元々規格外の破天荒ディレクターとして

有名ではあったんですが、とあるロケ先で

原住民から勧められた染料を体中

塗りたくった結果、

肌がナスのように青黒くなって

元に戻らなくなってしまったことから

ナスDとあだ名がつきました。

そんな友寄隆英ディレクターには

結婚したお嫁さんがいるんですが、

その相手がなんとあの美人料理研究家

として知られる森崎友紀さんだった

というから驚き!

いつどこでどんな風に出会ったのか、

結婚の馴れ初め子供のこと

について調べてみました!

スポンサーリンク

友寄隆英ってどんな人?

友寄隆英(ともよりたかひで)さんは

1974年兵庫県出身の42歳(2017年7月時点)。

テレビ朝日総合編成局制作1部所属の

テレビプロデューサーで

バラエティ番組の演出を手掛けています。

19歳からADのアルバイトを始めて

2003年にテレビ朝日に入社。

先輩プロデューサーの下で経験を積み、

2010年にゼネラルプロデューサーに昇格し

徐々に担当番組を持つように。

これまでに手掛けた作品には

『いきなり!黄金伝説。』

『ぷっすま』

『もしものシミュレーションバラエティー お試しかっ!』

など、テレビ朝日を代表する

バラエティ番組が陳列。

黄金伝説といえば、

1ヶ月1万円生活や

完全自給自足のサバイバル生活など

芸人たちが体を張った様子が

面白かったですよね。

これは友寄隆英さん自身が

大のサバイバル好きであることが

影響しているんですが、

企画段階でまずは自分が率先して

シミュレーションを行なうのだそう。

例えば

  • ケーキを100個食べる
  • マグロだけで生活する
  • 東京都内の50の坂を走破する

など、見るからにキツそうな企画(笑)。

こんな破天荒な企画を自ら

シミュレーションする理由について

友寄隆英さんは

テレビディレクターって、
他人の立場に立って考えられない人は作れないと思う。
天才はいると思うけど、でも天才じゃない人の方が多いじゃないですか?
頭悪いけど努力してる人って良いなって思うんです。
演者の気持ちとか人の気持ちをちゃんと考えられる人は
良い番組を作れると思ってます

実際の“心情”というものは体感してみないと絶対にわからないんです。
人が限界を超えたときって“素”になるんです。それを見せたいんですね。
それはなにも“エベレスト”に登るのではなく、日常にある素材でいいんです

引用元:https://web.archive.org/web/

と持論を展開。

なんていうか・・・

やっぱりスゴイ人だなと。

中には視聴率欲しさに

実際に検証もせず無謀な企画を作ったり

出演者に無理難題押し付けるような

ディレクターもいるだろうに、

友寄隆英さんはちゃんと自分で試して

どこまでできるのか限界を知っているから

出演者たちの気持ちも分かるし、

その企画の見どころも把握してる。

ディレクター自ら検証している姿を見た

出演者たちにも企画にかける熱意が

伝わりますもんね。

だから周囲からの信頼も厚い。

また一緒に仕事がしたいと願う

タレントも多いのだそう。

友寄隆英さんのようなディレクターが

テレビ業界に増えてくれたら

面白い番組も増えていきそうですね!

どれほどの『規格外』ディレクターなの?

友寄隆英さんは

「本当にディレクターなの?!」

と思ってしまうほど

出演者に負けないくらいのワイルドぶり。

その規格外さが話題になったのが

『陸海空 こんな時間に世界征服するなんて』

というテレビ朝日の紀行バラエティ番組。

お笑い芸人コンビ・U字工事の二人と一緒に

世界の秘境を旅する企画なんですが、

現地での友寄隆英さんの行動がとにかくスゴイ(笑)。

アマゾンに生息する巨大カタツムリを

生のままかじりついたり、

茶色く濁った川の水を飲んだり。

お腹の調子は大丈夫なんだろうか・・・

恐るべし強靭の胃の持ち主ですね。

原住民から勧められたものは

どんなにグロテスクでもバクバクと食し、

時には原住民からも心配されるほど。

もはや怖いもの知らず(笑)。

ただ、その行為が仇(?)となって

予想外の出来事が起こってしまったんです。

スポンサーリンク

『ナスD』になってしまった経緯について

勧められたものは何でも試す。

そんな友寄隆英さんに

災難が降りかかってしまったのが

『ナスD化事件』。

アマゾンの原住民から美容にいいと

勧められた染料を体中に塗りたくった結果、

なんとその染料が落ちないという事態に。

その染料はウィトという果実から取れるもので、

絶対に落ちない染料として知られているもの。

美容にいいというのも嘘で、

通常は刺青などに使われるのだそう。

ハメられたというわけですね。

これだけ全身青黒くなってしまったら

絶対目立つでしょ・・・。

「これからどうやって生きていこう・・・」

なんて深刻に悩んでいるのかと思いきや

ラッツ&スターの「めっ!」のポーズ(爆笑)。

いいキャラしてるわぁ(笑)。

というか、本当にこの染料って

一生落ちないんでしょうかね・・・?

嫁は森崎友紀で結婚の馴れ初めは?

そんな全身ナス色になってしまった

友寄隆英さんのお嫁さんがなんと

あの美人料理研究家の森崎友紀さん

だということが週刊ポストセブンから

報じられました。

森崎友紀さんは2016年1月に

41歳の一般人男性と結婚したことを

発表していましたが、その相手が

友寄隆英さんとのこと。

二人の出会いは『いきなり!黄金伝説。』。

友寄隆英さんが手掛けている番組に

森崎友紀さんが出演したことをきっかけに

交際に発展したそう。

食べることが好きという共通の趣味が

二人の距離を縮めたようです。

しかしこの報道に対して

森崎友紀さんとテレビ朝日側は

肯定も否定もせず。

友寄隆英さんが一般人&社員という

立場なので答えられないといった回答

だったようです。

とはいえ、二人が夫婦であるという証拠が

すでに出てきていて、

森崎友紀さんのブログでは度々

夫が友寄隆英さんだと思わせる内容が

投稿されています。

2016年12月19日には

「旦那さんが秘境の地へ旅立ちました」

との内容と共に

友寄隆英さんが番組で使っていたリュック

と同じものが掲載されていたり、

〈出典:http://ameblo.jp/morisaki-yuki/〉

2017年1月9日には

友寄隆英さんが番組内で食べた

巨大カタツムリの殻と思わしきものを

夫からの土産として

「現地民族の少年からもらったカタツムリ」

と紹介しています。

〈出典:http://ameblo.jp/morisaki-yuki/〉

これはもう・・・二人が夫婦であることは

ほぼ間違いなさそうですね。

別に悪いことをしているわけではないですし

隠す必要ないのになーとも思いますけどね。

友寄隆英さんもこれだけ有名に

なっちゃいましたから

もはや一般人でもないような・・・。

子供は?

森崎友紀さんは2016年6月16日に

自身のブログで出産したことを報告

しています。

生まれたのは2016年6月15日で

性別は女の子。

森崎友紀さんに似たらきっと

美人さんになりますね~。

いやっでも友寄隆英さんも

ナス化する前のお顔はイケメンだったので

やっぱり美人でしょうね。

夫はほとんど仕事で家を空けることが多い中

まだまだ手のかかる時期で

育児が大変かと思いますが、

今しかない我が子の成長の瞬間を楽しみながら

子育て頑張ってください!

まとめ

二人が夫婦だったとは驚きでした!

肌が青黒くなって帰ってきた夫を

見た瞬間、森崎友紀さんは

どんな心境だったんでしょうかね(笑)。

娘からはきっとギャン泣きされたことでしょう。

とはいえ、これから家族で出かけるにも

人目が集まって大変そうですね。

これからどうするのか気になるので

引き続きナスDには注目していきたい

と思います(笑)。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク