ナタリーエモンズの彼氏は?トリバゴ女優の結婚の噂について調査!

ナタリーエモンズさんと聞いても

パッと顔が思い浮かばない

という人の方が多いかもしれませんね。

ナタリーエモンズさんは

ホテル料金比較サイト『トリバゴ』

のCMに出演している、

あの日本語ペラペラの女優さんです。

〈出典:http://www.thepicta.com/〉

「ネットでホテルを探したことがありますか?」

という出だしで始まるのが印象的ですよね。

あまりにも流暢な日本語なので

吹き替えなのではと言われていた時期も

あったんですが、正真正銘、

ナタリーエモンズさんの肉声です。

美人であることもまた

印象に残る要因の一つかと思いますが、

年齢や彼氏の有無、

はたまた結婚しているのかなど

ベールに包まれた素顔が気になりますよね。

というわけで今回は

ナタリーエモンズさんの彼氏や結婚のこと

について調べてみました!

スポンサーリンク

ナタリーエモンズが日本語ペラペラな理由とは?

出演しているCMでは

吹き替えなんじゃないかと疑われるほど

流暢に日本語を話すナタリーエモンズさん。

一体なぜあれほど自然に日本語が話せるのか

というと、

日本の歌を聴いて勉強したり

大阪にあるUSJで働いていた経験があるから。

それだけでこの難しい日本語を

マスターできるのか?!とも思えるんですが、

ナタリーエモンズさんは大の親日家。

学生時代に出会った日本人の友人の影響で

日本に興味を持ったことがきっかけで

ジブリ映画のテーマ曲にハマり、

日本の歌を聴くようになったのだそう。

USJでスタッフ募集があることを知り、

小さい頃から歌やダンスが好きで

得意だったことから応募して見事合格!

ショーアトラクションのスタッフとして

勤務していました。

語学を習得するにはやっぱり

現地の人と関わるのが一番効率的ですよね。

ちなみに

2012年に日本で開催されたのどじまん大会

に出場経験もあって、

その美声を披露していたそう。

美人で歌も上手くて、その上

ここまで日本語を習得するほどの努力家。

ますますどんな人なのか

知りたくなってきました!

年齢は非公開の謎の女性?!

見るからに美人ですが

やっぱり年齢が気になりますよね。

ですが公式プロフィールでは

生誕年だけ非公開になっていて

年齢不詳なんです。

隠されると余計気になるというのが

人の心理というもの(笑)。

本人からの公表ではないんですが、

これまでの情報を元に、ネット上では

ほぼ特定されつつあるようです。

ナタリーエモンズの年齢が発覚?!トリバゴ女優の素顔が気になる!
ナタリーエモンズさんが 7月26日放送の『今夜くらべてみました』 に出演するようですね! キレイな外国人だけど誰?...

他の芸能人でも

年齢非公開にの人はいますが、

そういう人たちの共通点ってやっぱり

世界観やイメージを重視している

というのがあるような気がします。

例えば

プリンセス天功さんとか

高尾晃市さんとか。

高尾晃市は結婚してる?嫁や子供は?天までとどけの子役の現在はマジシャンに!
1990年代に放送されていた 大人気ドラマ「天までとどけ」に 子役として出演していた高尾晃市さん。 高校3年生の長男・正平...

マジックという非現実的な世界観を

マジシャンの年齢という先入観で

壊さないよう、プライベートに関する

情報は公表しないようにしている

んじゃないかなと。

あとは宝塚歌劇団の人たちも

年齢は非公開になっていますよね。

ナタリーエモンズさんも

USJで働いていたということなので、

テーマパークの世界観を守る為に

年齢を公表していないのかなと

個人的には思いました。

スポンサーリンク

彼氏や結婚の噂について

ナタリーエモンズさんは

トリバゴ以外にも

セイコーマートのワインのCMに

出演しているので、

20歳以上であることは明らか。

となると気になるのは

彼氏の有無や結婚しているのかどうか。

ウィキペディア情報によると

配偶者の欄に『未婚』とあったので

独身であることは間違いなさそうですね。

彼氏についてですが、

特に噂になっている人はいないようです。

これだけ美人だといそうな気もしますが、

アメリカでも活動していて

日本と行き来する生活だと

だいぶ忙しいでしょうし、

今はデートを楽しむ時間もなさそう。

バリバリ働くことに

理解のある人ならいいですが、

そうじゃない相手だと

交際を続けていくのは難しいかも

しれませんね。

まとめ

トリバゴのCMをきっかけにブレイクした

ナタリーエモンズさん。

これからの活躍も応援しています!

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク