安藤友香の忍者走りとは?走り方の動画やフォームが出来上がった経緯とは?

3月12日にスタートした

「名古屋ウィメンズマラソン」

に出場した安藤友香選手の走り方が

独特だと話題になっています。

「忍者走り」と名付けられていますが、

どんな走り方なのでしょうか。

歴代の記録に並ぶ

驚異的タイムを出し、

日本人女子マラソン界の

期待の新星として注目を浴びる

安藤友香選手の

「忍者走り」の動画や

走り方のフォームが出来上がった経緯

について調べてみました!

スポンサーリンク

安藤友香のプロフィール

名前 安藤友香(あんどうゆか)

生年月日 1994年3月16日

出身地 岐阜県

身長 161cm

体重 43kg

血液型 不明

学歴 豊川高校卒

所属 スズキ浜松アスリートクラブ

安藤友香選手は高校時代から

全国高校女子駅伝で優勝するなど

マラソン選手として

活躍していたようです。

2012年・2015年・2016年の

それぞれ1月に行なわれた

「皇后杯全国都道府県対抗女子駅伝競走大会」

では区間賞

2016年2月に行なわれた

「香川丸亀国際ハーフマラソン」では

1時間10分10秒で4位という記録で

日本人トップ

2016年3月に行なわれた

「世界ハーフマラソン選手権大会」では

1時間10分34秒で10位という記録で

またもや日本人トップ

そして今回行なわれた

2017年3月の「名古屋ウィメンズマラソン」では

2時間21分36秒で2位

日本歴代4位の記録で日本人トップ

という快挙を成し遂げ、

2017年8月に行なわれる

「世界陸上競技選手権大会」に

日本代表として内定

したとのこと。

久々に女子マラソン界に

今後の期待が注目される選手が

登場したことで盛り上がっています!

安藤友香選手は現在まだ22歳

ということで、

まだまだ伸びしろが期待されますね。

そんな安藤友香選手に

「走り方が独特」との声が多く

話題になっているようですが、

一体どんな走り方なのでしょうか。

安藤友香の走り方「忍者走り」とは?

安藤友香選手の走り方は

腕を下げて振りを最小限に抑える

というもの。

はたから見ると

けっこう独特な動きです。

ゼッケン番号6番が

安藤友香選手です。

他の選手とは違ったフォームなので

すぐ分かるかと思います。

この独特なフォームは

以前までは

「欽ちゃん走り」

「タラちゃん走り」

「乙女走り」

などと言われていたのですが、

今回の大会を機に

「忍者走り」と言われています。

「忍者」は今でいう「スパイ」。

相手に気付かれないよう

「忍び足」で音を消して

行動していたとされていますが、

その様子が

安藤友香さんの走り方と似ている

ということでしょうか。

うーん・・・

個人的には微妙(笑)

「忍者走り」って

要は「足裏を摺りながら走る」

というイメージですよね。

安藤友香さんの走り方は

足というよりむしろ

腕に特徴があるような気がします。

個人的にはなんとなく

しっくりこない呼び名ですね(笑)。

スポンサーリンク

安藤友香の「忍者走り」のフォームができあがった経緯とは?

この独特な走り方については

安藤友香さん本人によると、

一番リラックスできる走り方

なんだそう。

そして

これまでに何度も修正を

試みてみたそうですが

なかなか直らず、

所属する実業団体のコーチの指導の下、

無理に直さずに今のフォームでいこう

ということになったそうです。

タイムの更新が期待できなかったり

体に負担のかかる走り方なら

修正する必要がありそうですが、

本人がリラックスして走れるのなら

無理に慣れない姿勢で走るより

良いかもしれませんね。

まとめ

22歳にして

次々と日本人トップの成績を

更新している安藤友香さん、

今後の更なる活躍が楽しみです!

応援しています!!

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク