仲間由紀恵が太った原因は妊娠!?出産はいつ?

仲間由紀恵さんに「太った?」といった声が

2017年に入ってから多数あがっているようです。

仲間由紀恵さんには

夫で俳優の田中哲司さんがいますので、

妊娠している可能性も考えられますね。

太った原因は妊娠なのか

妊娠だとしたら出産はいつ頃になるのか

について調べてみました!

スポンサーリンク

仲間由紀恵は太った!?

仲間由紀恵さんといえば、私の中での印象は

ストレートロングの黒髪で

目鼻立ちがスッキリとしていて、

スレンダーでスタイルのいい

「THE 和風美人」

ってかんじのイメージです。

「ごくせん」での

キリッしたカッコいい姿も、

「美しい隣人」での

どこか冷酷さ漂う謎めいた姿も

とても素敵でしたし、

さすが女優さんだなぁと。

そんな仲間由紀恵さんに

最近では「太った?」といった声が

特に今年に入ってからは

多数挙がっているとのこと。

話題になっている画像がコチラ↓

こちらの画像は

1月8日に放送スタートした

WOWOWドラマ「楽園」の

完成披露試写会に登場した時のものです。

そして過去の画像がコチラ↓

うーん・・・

確かに言われてみれば

二の腕がすこし太くなった?

体に少し厚みがある?

とも見えるような・・・。

ただ、「激太り」というほど

太っているようには見えませんね。

「少しぽっちゃりしたかな?」くらい。

でも

その「太った」と言われている画像は

ドレスの色が赤という

膨張して見えがちな暖色系の色なのと、

首元が詰まっているので

余計そう見えてしまうのかもしれませんね。

仲間由紀恵が太った原因は妊娠!?

仲間由紀恵さんが「太った」と話題になったのは

実は今回が初めてではなく、

2010年ごろから

その傾向が見られていたようです。

ただ、

ずっと太り続けているというわけではなく、

痩せたり太ったりを繰り返しているとのこと。

みんなよく見ているなぁ(笑)。

2002年に放送されたドラマ「ごくせん」は

言わずと知れず大ヒット作となり、

主演を務めていた

仲間由紀恵さんへの注目度も

それなりに高かったはず。

その後も多くの作品の主演を務めていましたが、

期待していた視聴率が望めず、

「低視聴率女優」などと

言われていた時期もありました。

そして

6年間という長い交際期間を経て結婚した

仲間由紀恵さんと田中哲司さんですが、

交際期間中に

田中哲司さんの浮気現場を

フライデーにスクープされ、

一度別れていたようです。

なので

これまでの体重の増減は

そういった精神的ダメージが原因

である可能性もありそうですね。

ですが

また今年に入って噂されているということは、

やはり

妊娠している可能性も考えられます。

というのも、

昨年は連ドラや映画への出演がなく、

体に負担のかかりにくい

司会やナレーションといった仕事がメインで、

「仕事をセーブしている」かのようで、

さらに

セレブ御用達の婦人科に通い

妊活している

との情報もあったようです。

もしこういった情報が事実であれば、

「おめでた発覚!」

なんてことがあるのかもしれないなぁ

なんて思っていたら・・・

まさかのフライデー砲が!

真相はいかに・・・。

スポンサーリンク

仲間由紀恵の出産はいつ?

個人差があるので

一概には言えませんが、

妊娠してから

太り始める(体重が増え始める)のは、

初期症状によくある「つわり」が

ある程度落ち着いた

妊娠4~5ヶ月目

くらいが多いのだそう。

もちろんずっとつわりが続いて

食欲がない人もいますし、

本当に「人それぞれ」です。

もし仮に仲間由紀恵さんが

現在妊娠していて

このケースに当てはまるのならば、

出産は8月~9月頃

になりますね。

結婚して今年で3年目、

まだまだ夫婦二人の時間を

満喫してもいいのでは?

なんて声もあるかもしれませんが、

仲間由紀恵さんはもう37歳ですし、

本気で子どもを望むのであれば

あまりゆっくりしている時間はない

と考えているのかもしれません。

夫婦共に役者という仕事を

している以上、

不規則な生活で

タイミングを逃してしまうことも

多いのではないでしょうか。

年齢を重ねるほど

胎児への成長の影響や

出産時のリスクも高まるので、

できるだけ万全な体調と環境で

出産に臨みたいという思いが

あるのかもしれませんね。

まとめ

仲間由紀恵さんの妊娠説の真相は

本人たちからの報告がない限り

現時点では分かりませんが、

もし「おめでた」なら

無事出産を迎えることができるよう

願っています。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク